食事療法で腎臓病ケア~腎臓病食で健康プロデュース~

介護

日々の生活を見直して

看護師

血圧を低下させるためには日々の生活を改善して食事療法を行うことが大切です。高血圧であれば重大な疾患へ移行するには、まだ時間がかかるので素早く対応すればそれほど怖くありません。継続性を持って挑むようにしましょう。

もっと読む...

生活習慣病から始まる制限

smile

進行の程度で違う食事制限

食事制限を受けるというのは病気を持ってしまうとよくあることであり、医師や管理栄養士から食事療法についての説明を受けることになります。生活習慣病が知られるようになり、そのいくつかを合併することも多くなりました。腎臓病は高血圧や糖尿病に伴って発症しやすいものであり、その程度によっては厳しい制限の下に食事療法を行っていくことになります。しかし、腎臓病も初期であれば原因となっている高血圧や糖尿病などにおいて行われていた食事療法と同じ程度のもので済ませることが可能です。腎臓病が進行して腎臓の機能が低下していってしまうと食事制限も厳しくなることから、悪化してしまわないようにより努力をすることで食生活を良い状態に保つことができます。

過度な制限には注意

高血圧となると塩分制限を受けることが多く、糖尿病となるとカロリー制限を受けることが多いというのがそれぞれの食事療法の特徴です。これに腎臓病が合併すると、両者が必要になることに加えて、タンパク質の制限を受けるようになるのが実情です。しかし、注意しなければならないのは、その重症化を恐れて制限しすぎてしまうことにより体調を崩してしまうということです。塩分、カロリー、タンパク質のいずれも生きていくために必要なものであり、むやみに制限しすぎてしまっては不足による影響が出てきてしまいます。それを防止するためにも適切な量の摂取を考えて食事計画を立てていくことが大切になります。食事療法はただ制限を課すものではなく、健康を維持するためのものです。

食生活の改善が重要です

年長者

腎臓病で腎機能が悪化し始めた時から、食事制限を行うことは、欠かすことが出来ません。食事制限の基本にあるのは、蛋白質の制限、さらに塩分の制限、そしてカリウムの制限など です。主治医等から適切な指導を受けましょう。

もっと読む...

贅沢病とも言われます

医者

普段においての食事のとり方は大事であり、なぜなら傾いた食事をしていくと生活習慣病などの痛風を引き起こしてしまいます。その痛風にかかってしまいますと、関節の節々に痛みを感じてしまいます。

もっと読む...